節約で夢が叶う!節約を楽しむコツと成功させる方法を大公開

節約術

毎月、金銭的に余裕がなく生活していくだけで精一杯。お金に余裕がないと気持ち的にも余裕がなくなり、何をしていても楽しめなくなります。生活を楽にするために、節約をしなければと頭ではわかっていても、なかなか行動に移せていないという人も多いでしょう。ここでは、節約を楽しむコツと成功させる方法をご紹介します。

1.最初は金銭感覚がゼロの状態


誰もが最初は金銭感覚はゼロの状態です。自分でお金を稼ぐようになり、様々な経験を経て金銭感覚が養われていきます。自分の金銭感覚がわからないという人は、まず自分の金銭感覚を知るところから始めてみることが大切です。友人や兄弟、家族に自分の金銭感覚について聞いてみるのも良いでしょう。金銭感覚がしっかりしている人とそうでない人とでは節約方法も変わってきます。お金の使い方が荒いと言われた人は、欲しいものをほんの少し我慢するだけでも節約になります。

2.節約はどこまで?


節約とは、どこまでが節約になるのでしょうか。節約というのは無駄なものを省くということです。人それぞれ、無駄だと思うものも異なるため、どこまでが節約なのか一概には言えませんが、毎月、節約するためには、毎月、支払っているお金の中から節約することが大切です。その中でも、これは自分の中で大切。と思うものに関しては無理して削る必要はありません。毎月、何に、お金を使っているのかを書き出して、無駄だと思ったものを意識的に削るだけでも節約になります。

3.何のために節約をするのか


節約をするときは何のために節約するのか具体的に設定しましょう。毎月、お金の心配をして生活をするのがいやだから。欲しいものがあるから。友達ともっと出かけたいから。趣味のお金に使いたいからなど、なんでも良いのです。何のために節約をするのか明確にしておくことで節約も長続きし、達成できたときの達成感も味わえるので節約を楽しむことができます。

4.ムリのある目標を設定しない


節約をするときはムリのある目標ではなく、叶えられる目標にしましょう。例えば、極端な話しですが、一億円を貯める。という目標を設定した場合、一億円を貯めるためには毎月84000円節約したとしても100年かかってしまいます。ムリのある目標を設定した場合、道のりが遠すぎて人生を節約のためだけに捧げてしまうことになるのです。それでは、節約を楽しむことができません。そうならないためにも、叶えられる目標を設定し、節約してよかったと思える気持ちを味わえるようにしましょう。

4-1.金額以外の目標を持つ

漠然と10万円貯める。と目標を設定するのではなく、10万円貯めて何に使うのか、具体的に決めることで、節約を楽しむことができるでしょう。漠然と10万円貯めると目標を設定した場合は、途中で貯めたお金を使ってしまったり、節約を断念してしまいがちですが、10万円貯めて欲しかったバッグを買う。と明確な目標を設定した場合、バッグを買っておしゃれを楽しむ姿を想像しながら節約できるので、その楽しみのために頑張ることができます。

5.節約生活を送って貯金する目的


節約生活をし、貯金する目的には色んなものがあります。その目的により、毎月節約する金額も、節約するところも変わってきます。節約する主な目的にはどんなものがあるのでしょうか。

5-1.子供の教育費

子供ができたとき、子供が生まれたときに考えるのが、これからの子供の教育費のこと。幼稚園から大学まで卒業するのにかかる費用は、全て公立の場合は約1,000万円、私立だと2,500万円だと言われています。貯金がない状態で結婚した場合などは、節約して子供の教育費を少しずつでも貯金しておく必要があります。親なら子供に満足のいく教育を受けさせたいと思うものです。計画的に節約し貯金していくことが大切です。

5-2.旅行費用

海外旅行や国内旅行。旅行費用を貯めるために節約するのも良いでしょう。旅行は日常生活の疲れを癒してくれます。また、旅行に行く楽しみがあるので無理なく節約もできるはずです。毎月の生活はできるだけ節約し質素にして、旅行に行ったときは思いきり食べて遊ぶ。という風にメリハリをつけて生活するのも良いかもしれません。

5-3.住宅購入資金

結婚すると、マイホームが欲しくなるものです。結婚していなくても、賃貸の家賃を払うくらいならマンションや一軒家を購入した方が良いと住宅の購入を検討している人もいるでしょう。その際に、住宅ローンの頭金や家具などの購入が必要になってきます。頭金の目安と言われているのは物件価格の2割です。3,500万円の物件の場合、約1,000万円が溜まった時点で頭金に達した状態になります。この10,000万円には頭金700万、諸費用200万、手元に残すお金100万などが含まれています。生活のこともあるので、頭金のみを貯金すれば良いということではありません。将来、マイホームを持ちたいと思っている人は、少しずつでも節約を始めることに意味があります。

5-4.生活費の確保

収入が少なく生活を切り詰めないと生活できない場合にも節約が必要となってきます。やりたい仕事をやっていて収入が少ない、なんらかの事情で生活ギリギリの収入しか稼ぐことができない、支払いが多くて生活費に影響が出ている、など様々な理由で生活が苦しい場合にも生活費を確保するために節約をすることがあります。

5-5.老後の蓄え

年金だけでは生活していけるか不安だから老後の蓄えのために節約して貯金している人もいるでしょう。誰でも、将来に対しての不安はあります。その不安をそのままにしておくのか、安心するために、節約をするのかで未来は大きく変わってきます。元気な間は良いですが、老後に働いてお金を稼ぐのは大変です。元気に働けるうちに安心して過ごせるために節約を始めてみても良いかもしれません。

6.貯金は必要か


節約に慣れてきたら、貯金のために節約をするのも良いでしょう。貯金はあって困るものではありません。事故、病気で急に働けなくなったとき、急な出費があったときなど不測の事態が起きたときに貯金は心強い味方となってくれます。初めから、貯金のために節約をすると途中で使ってしまったり、節約を断念してしまう可能性があるので注意しましょう。

7.切り詰めることはストレスでは?


はじめのうちは節約をし切り詰めることでストレスを感じてしまうかもしれませんが、節約を生活の一部にし慣れてしまえばストレスを感じることなく節約できます。

8.節約を楽しむ


節約をする上で忘れてはいけないのが節約を楽しむということです。節約するために無理ばかりしていては続きません。節約を楽しもうという心構えが必要なのです。

8-1.節約を楽しむ方法

節約を楽しむ方法とは、例えば、子供のおやつは家にある材料で手作りする、節約のために家庭菜園を始めてみる、など節約を楽しむ方法はいくらでもあります。自分に合った節約を楽しむ方法を見つけるとさらに長続きするでしょう。

8-2.お金の節約を楽しむコツとは?

お金の節約を楽しむコツとはがんばらないことです。節約するぞと意気込んで、いきなり色んなところを節約してしまうと楽しめなくなってしまいます。できるところから、がんばらずに節約を始めることが節約を楽しむコツです。

8-3.節約は楽しめばストレス解消に

目的を達成するまでは節約がストレス解消になることはないかもしれませんが、節約をし欲しいものを手に入れたり、旅行に行ったりと目的を達成することでストレス解消になります。

8-4.節約を快楽に感じれば最高

節約し今日もこれだけ節約したという達成感を味わえるようになれば、それだけで節約が快楽になります。もっと節約できるところを見つけて、美味しいものを食べに行こう、欲しかったものを買おうなど、楽しみをセットにすることでより快楽は増すでしょう。

9.お金の節約生活がストレスになってしまうワケ


節約生活ときくと、マイナスのイメージを受けがちです。確かに節約生活は何かを我慢しなければ成り立ちません。我慢がストレスの原因になっているので、節約生活では我慢を我慢と思わない気持ちと我慢をしすぎないことが大切です。

9-1.買いたいものは買う

節約生活でストレスを減らすためには買いたいものは買うようにしましょう。節約生活だからと買いたいものを我慢する必要はありません。買いたいものは買って、コンビニで買うお茶などを我慢し、自宅からお茶を持っていくだけでも節約になります。

9-2.がんばったらご褒美を用意する

節約を頑張り続けるのではなく、がんばった自分へのご褒美を用意しましょう。目的が達成したときなどに有効的です。

9-3.誰かと比べず自分のペースを保つ

友人の話などを聞いて、私は一ヶ月でこれだけしか節約できなかった…と思うのではなく、自分のペースを保つことも大切です。

10.お金を節約して無駄な出費を抑える方法


節約の基本は無駄な出費を抑えることです。お金を節約して無駄な出費を抑える方法とはどんなものがあるのでしょうか。

10-1.自分で働いたお金で節約

お金を節約して無駄な出費を抑えるには自分で働いたお金で節約をすることが大切です。お小遣いや、人からもらったお金では本当のお金の大切さがわかりません。そのため、無駄を見極める目が曇ってしまいます。自分で働いたお金で節約をすることで無駄なものが鮮明に見えてくるでしょう。

10-2.痛みを経験すると底力になる

節約が必要な状況になり辛い思いをすると、同じ経験をしたくないと思うため底力もつきます。一度は、節約が必要な生活を経験をすることも、無駄な出費を抑えることへと繋がっていくのです。

10-3.本好きの人は図書館へ

本好きの人は図書館で本を借りることも節約となります。休みの日など一日、家で本を読んでいては、夏場や冬場は冷暖房で電気代がかかってしまいます。図書館へいくことで電気代を節約でき、本も無料で読むことができます。

10-4.洋服は友達からもらう

洋服にこだわりがない人は洋服は友達からもらうのも良いでしょう。おしゃれな人はシーズン毎に洋服を買い換えるので、おしゃれな友達にお願いするのも良いかもしれません。

10-5.自分にプラスにならないものをやめる

ジムに入会しほとんど通っていない場合や、趣味で始めたけど仕事が忙しくいつか通おうと思っている習い事などはやめてしまいましょう。ジムにいく代わりに、ウォーキングしたり自宅で筋トレするだけでも節約になります。

10-6.家計簿をインスタグラムで公開

ざっくりとした家計簿をインスタグラムで公開するだけで、色んな人と節約に関する情報交換できるようになります。他の人の節約方法を教えもらえたりするので、参考になります。

10-7.納得できないお金は使わない

これぐらいいいかという考えをやめて、買い物をするときは、本当に買う必要があるのかを吟味するようにしましょう。納得した上でお金うことが大切です。

10-8.要らないものは買取業者を利用してお小遣いに

いらなくなった不用品は買取業者を利用しましょう。洋服はフリマアプリなどを活用すると節約の幅が広がります。

10-9.ツライ節約はしない

ここは削りたくないというところは節約せずに、ツライ節約はしないようにしましょう。節約がツライと思ってしまうとそれだけでストレスになってしまいます。節約に無理は必要ありません。

10-10.家族みんなでワクワクしながら

家族で節約をするときは家族みんなが楽しめるように工夫することが大切です。例えば、節約を達成したら家族で旅行へいく、なんでも食べたいものを食べられるなどのご褒美を考えると良いでしょう。

11.節約を楽しむためのシンプルライフ

節約を楽しむためにはシンプルライフにするのが良いでしょう。生活自体をシンプルにすることで、無駄のない生活を送ることができます。

11-1.交通費を節約する

歩いていけるところは歩いていく、タクシーは使わないなど交通費を節約することで健康的に節約ができます。

11-2.衣類のカラーを工夫して節約

洋服を購入するときは着まわしがきくカラーを購入することで、洋服の数は少なくても色んなバリエーションでファッションを楽しみながら節約ができます。

11-3.美容院に行かなくてもオシャレは楽しめる

美容院に行かなくても、市販のカラー剤で自宅でもカラーができます。髪もアレンジすることで、切らずにイメージを変えることができます。これだけで、毎月美容院に行っている人は月5000円以上の節約ができます。

12.節約生活で成功した節約貯金術


節約生活をして成功するには簡単にできる身近なところから節約をはじめましょう。

12-1.スマホ代を見直す

意外と見落としがちなのがスマホ代です。スマホ代も見直すことで大幅に節約できる場合があります。使っていないオプションなどを外すだけで、毎月の節約もできるのです。

12-2.蛇口をこまめに閉める

水道代も、ばかになりません。顔を洗うとき、洗い物をするときなどこまめに蛇口を占めるようにするだけでも月1800円ほどの節約になります。

12-3.冷蔵庫の詰め過ぎを解消する

冷蔵庫の中を詰め過ぎていると冷えるのに時間がかかり電気代もかかってしまうので、中身をすっきりさせるだけでも節約できます。

12-4.食品保存袋と冷凍を活用する

ご飯は多めに炊いて冷凍をしておくだけでも電気代の節約になります。食材も安いときに購入して冷凍しておくことが大切です。

12-5.余った野菜は漬物にする

中途半端に余り、使い道がない野菜は漬物にするだけでも良いのです。週に2回漬物を買っていたとしても約4000円の節約になります。

12-6.節水コマを取り付ける

節水コマをつけるだけで50%の節水できます。水道局で無料でもらえることがあるので問い合わせてみるのも良いでしょう。

12-7.長く飲む薬は処方薬をもらう

長期的に飲む薬は市販薬よりも処方薬のほうが安くなる場合があります。市販薬よりも処方薬のほうが、効果も期待できるので早く治り効率的です。

12-8.節約仲間を見つける

節約するときは節約仲間を見つけることも楽しみながら節約を成功させるコツです。情報共有もできるので良いでしょう。

12-9.節約はゲームと同じ

節約はゲームと思って楽しむ姿勢も大切です。節約をして、目標金額に達したら、ご褒美がもらえるゲームだと思うとストレスなく節約もできます。

12-10.大物家電は省エネ製品にする

大型家電は省エネ製品にすることで年間17000円ほど節約することも可能です。

13.物がなくても生きていける


節約をしていると最終的には必要最低限のものがあれば生きていけるということに気がつくでしょう。生活自体をシンプルにすることが、生活を豊かにし節約を成功させる秘訣なのです。

まとめ

節約はツライものではありません。無駄なものを省き、必要なところにお金をかけ有効活用する手段なのです。自分に合った節約法で楽しみながらシンプルライフを手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました