【コーディネート】夏のメンズデニムシャツの着こなし方6選

デニムシャツ

デニムシャツは独特の風合いを持ち
春から夏にかけて、大活躍するアイテムの一つですね。

爽やかさと男らしさを演出することにおいて
これ以上ないくらい便利な一着です。

そこで、今回はそんなデニムシャツをさらにオシャレに着こなすため
デニムシャツの夏コーディネートをご紹介。

誰でも気軽に挑戦できるスタイルなので
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links
メンズスタイル

インディゴブルーデニム×ボーダーシャツ×ハーフパンツ

id3Dcd8100_126w3D18226h3D328-thumbnail2
出典:oshareniikiyo.seesaa.net

淡いボーダーのインナーとベージュのハーフパンツを組み合わせ、その上に
デニムシャツをさらっと羽織るスタイルですね。

サンダルも白と、デニムシャツ以外のアイテムを控えめな色にすることで
涼しげな雰囲気を醸し出すと同時に、デニムシャツの主張をより強くしています。

寂しくなりがちな首元のアクセサリーも、雰囲気を合わせて選ばれていますね。

デニムシャツを夏場に利用するとなると
このスタイルがとりあえず、基本になるでしょう。

実用性が高いのでぜひ参考にしたいですね。

デニムシャツ×ブラックハーフパンツ

da8ba57f2708011cc2186487ac51e81a9
出典:zozonews.com

ロールアップを駆使することで、肌の露出を多くし
涼しげな印象を醸し出しています
ね。

このスタイルの強みはとにかくシルエットが美しく見えることにあります。
前を閉めることによって、ボディラインを美しく見せられますし
少し余裕のあるハーフパンツを選ぶことによって、Aラインを作り出しています。

また、手首や足首にアクセサリーを持ってくることで
シンプルになりすぎるのを防いでいますね。

スタイル自体はシンプルなため、誰にでも合いますし
女子ウケも非常に良いです。
こちらも大定番的、着こなしですね。

Sponsored Links
0515_reccomendIModel

 

デニムシャツ×花柄ハーフパンツ×ハット

hanamen
出典:daigaku-fashion.com

個性溢れる花柄のハーフパンツも、
デニムシャツであればうまく合わせることができます。

花柄の遊び心とハズしを、デニムシャツによってうまくまとめ上げ
崩しすぎない絶妙なオシャレを実現しています。
ポイントの一つは、花柄のデザインにもよりますが、淡い色のデニムシャツを
選ぶことです。

夏にぴったりの涼しげな風合いを演出することできるでしょう。

あと、シルエットの美しさというよりは、
夏感や涼しげなスタイルを重要視すべきなので
前は開けておいたほうが良い
ですね。

閉めると暑いでしょうし笑

ウォッシュデニムシャツ×白クロップドパンツ

id%3Dcd7426_1%26w%3D300%26h%3D

出典:shop.menz-style.com

デニムシャツに合わせるのはチノパンが定番ですが、
工夫次第でいろんなアイテムと合わせることができますね。

その中で、夏らしさを演出するアイテムの一つに
白のクロップドパンツ
があります。
このアイテムもデニムシャツとの相性は抜群です。

画像のスタイルで特徴的なのは
ケミカルウォッシュのデニムシャツですね。
色を落とすことで独特の風合いを出し、絶妙な夏感を演出しています。

ブレスレットやネックレスをつければ、完璧ですね。
あと地味に、インナーを黒にすることで、爽やかになりすぎるのを抑えています。

白のパンツと涼しげな雰囲気が、
夏の海や川のレジャーににピッタリですね。

7分デニムシャツ×チノパン

2013-06-23_201759
出典:xn--bck1bj8a2f9cwb5fb6827k.biz

綺麗なスタイルだけではなく、ワイルドなスタイルにも
バッチリ合うのがデニムシャツ
です。

シワ加工を施されたデニムシャツに、Vネックのインナー、
細身のチノパンを合わせることで、ロック的なスタイルを作り出しています。
シルバーアクセサリーが黒のインナーに映えますね。

また、7部のデニムシャツをチョイスしている点もポイントが高いですね。
夏に着るというのに、ゴテゴテの長袖なんて着てられません笑

ただ、少し凝ったスタイルであるため人を選ぶファッションでもあります。
モデルさんのように髪を染めたり、自分がスタイルに負けないようにする必要があります。

万人ウケするファッションではないでしょう。

ワッペンデニムシャツ×カーゴパンツ

a0164173_1643298
出典:matome.naver.jp

カーゴパンツとデニムしゃつの組み合わせも
定番の一つ
ですね。

無骨なアイテムであるカーゴパンツを
ワッペン付きのデニムシャツを選ぶことで、遊び心溢れるスタイルに変化させています。
首に巻いたバンダナもアクセントとしてちょうど良いですね。

そして、重たくなりすぎないように
足元はきちんと、ロールアップされています。
ローカットの靴と合わせて軽さを出していますね。

ちょっとレベルの高い着こなしですが、
シンプルなスタイルに飽きた人は、こういったスタイルに挑戦するのも
面白いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は夏に使えそうなデニムシャツの着こなしを6つ紹介させていただきました。

夏に着るということで、基本的にはロールアップを利用して
軽さを出すのが重要
ですかね。

季節感を演出するのは、ファッションにおいて重要な点であるため
場違いなスタイルにならないようにしましょう。

手持ちの服で組み合わせが決まったら、あとは
全体的なバランスを考えながら、アクセサリーをチョイスですね。
夏場はシンプルになりがちなので、
少し主張の強いアクセサリーも存分に使えるはずです。

さてさて
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
メンズスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました